べースパスタ焼きそばレシピ。意外といける美味しさ!

炭水化物オンリーの従来麺の概念を覆すべースパスタ。ですが、独特の風味が食べにくいと感じる人は実際に多いようです。

そこで、「べースパスタの味がちょっと苦手…」という方に全力でおすすめしたい料理が焼きそばです!

香ばしいソース風味が、べースパスタの癖をやわらげてくれるので想像以上においしいんですよ。

この記事では、べースパスタで作る焼きそばの簡単レシピをご紹介します。

べースパスタの感想や口コミ評判はこちらの記事にまとめています

もくじ

ベースパスタで作る焼きそば簡単レシピ

べースパスタ焼きそばを作るのは超簡単です。料理が苦手な人でも、10分以内で調理できます。

焼きそばといえば誰でも作りやすい国民的料理ですが、それゆえに奥深いのは周知のとおり。全国に自慢のご当地焼きそばが存在しており、それぞれが個性を発揮しています。

今回のレシピは、ドライで香ばしい食感の焼きそばをめざします。

まりこ

私のこだわりレシピを伝授するよ。それではさっそくいってみよ~!

べースパスタ焼きそばの作り方

ベースブレッド 焼きそば 完成
ベースブレッド焼きそばの材料

<材料>1人前

  • べースパスタ(アジアン)…1袋
  • 焼きそばソース …大さじ2.5
  • 好みの具材(今回はロングウインナー1本、キャベツ50g。カットしておく)
  • 青のり(好みで)

※オタフク焼きそばソースを使用しています

調理の3STEP

STEP
沸騰したお湯でべースパスタを1分茹でる
STEP
油で麺を2分焼いて取り出す
STEP
具材を加えて3~4分蒸し焼きする
STEP
フライパンに麺を戻して焼きそばソースを加える

(注意)脱酸素剤が入っているので、忘れずに取り出しておきましょう。

①熱湯で1分茹でる

ベースブレッドアジアン茹でる
ベースブレッドアジアン湯切り

まずは沸騰したお湯でべースパスタ(アジアン)を1分間茹でます。少し早めに切り上げるくらいがちょうどいいです。

②油で麺を2分焼いて取り出す

ベースブレッド焼きそば炒める

フライパンに油大1(分量外)を熱し、強火で焼きつけるように麺に火を入れます。この時にかき混ぜ続ける必要はありません。麺を油で焼くようにじっくり火にかけて両面を焼き、一度取り出しておきます。

③具材を入れて3~4分蒸し焼きにする

フライパンにウインナー、キャベツを入れて軽く炒め、蓋をして中火で蒸し焼きにします。

④麺を戻し入れて、焼きそばソースを加えて混ぜる

ベースブレッド焼きそばソース

フライパンに麺を戻し入れて強火にしてソース大さじ2.5を加え、全体を混ぜます。

ベースブレッド焼きそばレシピ

仕上げに青のりをかけたら完成!麺をカリッとさせてから焼きそばソースと和えることによって、香ばしさがアップしています。

ベースブレッド焼きそばの麺

がぜん気になるのはその味ですよね。 見た目は普通の焼きそばですが、麺の食感と風味はひとあじ違います。通常の焼きそばの食感よりもやや弾力弱め、プツンと切れる感じです。食感だけでいうと蕎麦に近いかな。

べースパスタは全粒粉独特の雑味や匂いに特徴がありますが、その風味がやわらいで焼きそばソースとマッチしています。甘みとスパイスがべースパスタの癖をマスキングすることに成功。マヨネーズがあったらさらに美味しいと想像します。

一人前の量はたっぷりで、小食気味の私にはちょっと多いくらい。普通量を食べる方なら、ちょうどいい量だと思います。

今回は細麺「アジアン」で調理しましたが、平打太麺「フェットチーネ」を使っても悪くなさそうです。詳しいべースパスタの詳細は公式サイトをご覧くださいね。

ベースパスタで作る焼きそばSNSでの評価は?

twitterではべースパスタで焼きそばを作っている人をたくさん発見できました。マネしてみたいアレンジ技もあわせて紹介しますね。

まりこ

目玉焼きをのせるとボリュームアップしていいね。トロトロの黄身と絡めて食べたい

まりこ

これは絶対美味しいやつ!カリッとした香ばしい食感に仕上げたい

まりこ

塩焼きそばという発想がナイス。べースパスタ独特の味が突出しそうだから、ニンニクでパンチを効かせるといいかも

まりこ

べースパスタ焼きそばをベースブレッドプレーンで挟むって斬新!どんなお味かなぁ

べースパスタ焼きそばは、公式コミュニティのBASE FOOD Laboでもたびたびレシピが登場しています。それだけ、みなさん食べやすく美味しいと感じているんですよね。

べースパスタ焼きそばは過去に即席麺も販売されていた

BASEFOODquick焼きそば

実は、2019年に「BASE FOOD quick」として即席焼きそばも販売されていました。ナチュラルローソンの限定販売で、「コク旨ソース焼きそば」「台湾まぜそば」の2種類をラインナップしていたようです。(2021年現在は販売終了)

価格は税込590円。かなり強気のお値段ですね。

気になるそのお味は、”焼きそばとはちょっと別モノ”とのこと。

口コミをさらに調査すると、ソースが甘めでマヨネーズの酸味が中和してまとめているようです。麺は熱湯を注いで湯切りするわけですが、モチモチの食感は「意外にもクオリティーが高い!」と評価する声が多く見られました。

お手軽に3分で完成するインスタント完全食ですが、正直590円は手が届きづらいです。べースパスタ(アジアン)は1食312円なので、手作りにすると半額程度で食べられますね。

正直べースパスタよりベースブレッド推し

ベースブレッドがおすすめ

ベースパスタは、今回ご紹介した焼きそば以外にも、様々なアレンジレシピで変幻自在に楽しめます。アレンジがしやすいことで毎日飽きずに食べられるので、味に変化をつけながら継続させたい方にはぴったりです。

ですが、個人的には、おいしさと手軽さの点でベースブレッドに軍配が上がるかなと。

ベースブレッドは袋から取り出して、サッとすぐに食べることができるのが最大のメリットです。味は5種類(プレーン、チョコレート、メープル、シナモン、カレー)で、こちらも飽きずに食べられるのがグッド。

サイト内でベースブレッドお試しレビュー記事もまとめています。

ベースブレッドもべースパスタも、初回20%オフの継続コースで購入できます。継続といっても、2回目以降キャンセル料金不要なので、単発で購入すると損しかありません。

ベースブレッドの詳しい商品情報はBASE FOOD式サイトでチェックしてみてくださいね。

もくじ
閉じる