ヨシケイの離乳食はどう?プチママコースが良い理由

赤ちゃんの離乳食づくりって大変ですよね。食材をそろえたり、下ごしらえをしたり、安全面にも気を配る必要もあって、毎日の用意に頭を悩ませているママは多いのではないでしょうか。

実は、ヨシケイのプチママは離乳食に超便利なんです。

この記事では、ヨシケイプチママでつくる離乳食のおすすめポイントや上手な使い方、さらに知っておきたいデメリットまで徹底的に解説します。離乳食作りにお困りの方は参考にしてみてくださいね。

もくじ

ヨシケイ離乳食対応コースは2つ

ヨシケイの離乳食づくりに対応しているコースは「プチママ」「カットミール」です。

どちらも約20分で楽々と作れる時短ミールキットで、料理初心者でも気楽にチャレンジできます。

実はこの二つのコース、かなり内容が似ています。それでは両者を比較してみましょう。

プチママカットミール
コンセプト初心者でも分かりやすいレシピ肉・魚・野菜(一部)をカット済み
品数2品2品
野菜カットなし(楽プチ追加でカットも可)カット済み
調理時間20分20分
注文5日連続or6日連続のみ1日単位でOK
値段(2人前)5,600円前後(5日間)6,100円前後(5日間)
対象エリア全国一部地域
配達料無料無料
お試しあり→公式サイトあり→公式サイト
まりこ

ほぼ同じ感じなのねぇ!

このように「プチママ」「カットミール」はよく似ています。わかりやすく違いをまとめたのがこちら。

●プチママの利点

全国的に取り扱いあり。値段がやや安い。

●カットミールの利点

1日単位で注文できる。無料の野菜カットサービスあり(プチママも地域によっては無料野菜カットサービスあり)。

ぶっちゃけどちらを選んでも良いです。

ただし、現実的にカットミールを購入できる人は限られてくるので、誰でも利用しやすいプチママを推します!

実際、私の住む新潟県はカットミール非対応エリアでした。そのためプチママを試しています。

プチママはお試し体験レポとしてまとめているので、詳しく知りたい方は記事を見てくださいね。

ヨシケイ離乳食ならプチママがおすすめの理由

前述した通り、「プチママ」「カットミール」はよく似ています。

どの地域でも手に入りやすいので「プチママ」を推しますが、離乳食作りにぴったりと思う理由はいくつもあります。

ヨシケイ離乳食作りにプチママがおすすめの理由!

  • 全レシピに作り方動画がある
  • 全4期の離乳食レシピがある
  • 野菜カットサービスが利用できる(無料・有料は地域によって異なる)

それでは順番に見ていきましょう。

全レシピに作り方動画がある

プチママはヨシケイの1番人気コースとあって、全レシピに約1分半の作り方動画が用意されています。

まりこ

動画をサッと見ておくだけで、調理イメージが湧いて効率的に作れる!お料理初心者さんは必見なのです

翌々週先のメニューの動画も公開されているから、作り方を見たあとに注文を決めることもできますね。

ちなみにカットミールには動画が用意されていません。ヨシケイはプチママに力を注いでいることがよくわかります。

全4期の離乳食レシピがある

ヨシケイ離乳食レシピ

プチママ専用ページでは、4期にわけた離乳食レシピ(PDF)も公開されています。

※離乳食の4期

  • 5~6ヶ月(初期・ゴックン期)
  • 7~8カ月(中期・カミカミ期)
  • 9~11ヶ月(後期・モグモグ期)
  • 12~18カ月(完了期・パクパク期)
まりこ

離乳食と一口にいっても、赤ちゃんの月齢によって食べさせるものは違うよね。時期ごとのレシピがあるのはありがたい

ちなみに、カットミールでも同様に離乳食レシピは公開されています。

野菜カットサービスが利用できる

ヨシケイ離乳食用カット野菜

実はプチママも野菜カットサービスが利用できます。

私が住む新潟県では、野菜カットサービスは無料だったのでお願いしています。

ヨシケイは地域ごとにサービス内容が違うので、気になる方は管轄のヨシケイに聞いてみるのが良いです。もしあなたの住む地域に無料の野菜カットサービスがなくても、有料でカットしてくれる場合がほとんどですよ。

ちなみにこの野菜カットサービスは、すべての野菜を切ってあるわけではないのでご注意を。

ヨシケイプチママで作れる離乳食

それでは、プチママでどんな離乳食がつくれるのでしょうか?

実際に例を見てみましょう。

この日のメニューは中華の2品です。

  • シャキシャキキャベツの回鍋肉
  • つるつる春雨スープ

このメニューが離乳食になるとこんな感じに変身します。

【初期】キャベツのすりのばし・おかゆ
【中期】玉子がゆ・キャベツと玉ねぎのやわらか煮
【後期】豚肉と野菜のケチャップ煮・やわらかキャベツ・おかゆ
【完了期】豚肉と野菜のケチャップ煮・やわらかキャベツ・おかゆ
まりこ

彩りもきれいだし、いろんな食材にチャレンジできるのがいいね~

ヨシケイは国家資格をもつ栄養管理士がバランスを考えて献立をつくっています。完了期頃にはいろんな食材をバランスよく食べたいところなので、見た目にもおいしそうな料理は子供のテンションも上がりそうですよね!

作り方はプチママ専用ページの離乳食レシピからPDFデータを閲覧&ダウンロードできます。

こんな感じで1週間分のレシピが見られます。

まりこ

ちょっと作るのがめんどくさそうだけど…本当に作れるのかなぁ

レシピだけを見ていると、こんな風に不安に思いますよね。という訳で、さっそく離乳食作りにチャレンジすることにしました(後日公開)

プチママやカットミール以外のコースで離乳食は作れる?

ヨシケイが公式に離乳食対応しているとするメニューは「プチママ」「カットミール」のみです。

でも、それ以外のコースで取り分け離乳食を作ることはできないのでしょうか?

まりこ

ヨシケイには10コース以上あるから、大人としてはいろんなコースを試してみたいのだ……!

結論としては、他コースでも離乳食を作ることはできます。ですが、離乳食作りに慣れている人でないとちょっと難しいかなとは思います。

ヨシケイ離乳食でラビュは使えるか

例えば、「Lavyu(ラビュ)」シリーズは、ちょっと変わった材料を使ったおしゃれな料理が多いです。マスタードや豆板醤などで味にアクセントをつけるメニューも多く、子供向けの味とはいえません。

確かに幼児食には向かないのでアレンジが必要ですが、肉や野菜は離乳食としてアレンジすることは十分に可能です。

このように他メニューで離乳食を作る時は、以下のポイントを押さえておくことをおすすめします。

他コースで離乳食作りをする時のポイント
  1. アレルギーの原因になる食材は避ける
  2. につまりやすい食品は避ける
  3. 辛みや刺激が強い味付けは避ける
  4. 糖分や塩分を控えめにする
  5. はちみつが入っていないかチェックする

注意ポイント①アレルギーの原因になる食材は避ける

小麦、卵、ナッツ、そば、パイナップルなど、アレルギーの原因になる食材は避けるか、月齢を見ながら少量から始めると良いです。

注意ポイント②喉に詰まりやすい食材は避ける

イカやタコ、ナッツ、こんにゃくなど、喉に詰まりやすい食材は避けた方がベターです。もし食べさせるとしたら、細かく刻んで食べやすくしましょう。

注意ポイント③辛みや刺激が強い味付けは避ける

ラビュは豆板醤やブラックペッパーを使用したメニューも多数登場します。完了期以降で取り分けでもOKの時に、味付けが辛くて食べられないということも起こりやすいかも!?

その点、プチママやカットミールは家庭的な料理で、子供も喜びやすいメニューが多いように思えます。

注意ポイント④塩分や糖分を控えめにする

完了期頃になると「大人の取り分けでもいいかな」と思ってしまいがちですが、塩分や糖分には気を付けて。ヨシケイは栄養管理がされていますが、大人を基準にしているのをお忘れなく!

注意ポイント⑤ハチミツが入っていないかチェックする

ラビュは「ハニーマスタードソース」など、ハチミツを使った味付けをすることがあります。

ハチミツは乳児ボツリヌス症になる危険性があるので、うっかり1才児以下のお子さんにあげないようにしましょう。


このように、自己流で離乳食を作る時には、赤ちゃんが安心して食べられるように注意が必要です。

離乳食経験者の方なら、どんなものが危険か分かっているので、プチママやカットミール以外のコースでもうまく対応できるかもですね。

ですが、「まだ離乳食作りに慣れていない」「何を作ったら良いか分からない」と思っているなら、プチママやカットミールの基本をおさえた離乳食レシピで作ることをおすすめします。

まりこ

赤ちゃんが安心して食べられる離乳食を作りたいね♪

ヨシケイプチママの離乳食サイトがすごい!

ヨシケイは離乳食作りにも役立つことを証明できましたが、それだけではありません。

公式サイトの離乳食ページも、実はかなり充実の内容ですごいんです!

ヨシケイを注文したことがない方でも、このページはチラリとでも見るべき。まるで離乳食の教科書のようにわかりやすくまとめられています。

※こちらのページよりヨシケイ離乳食専門ページに飛べます。

おすすめページ①離乳食のキホン

月齢に合わせた離乳食の基本が、たっぷりの写真でていねいに解説されています。

一通りこれさえ読めば、離乳食をあげるのに何を気を付けたら良いのかわかるので、かなり勉強になりました。

おすすめページ②離乳食の進め方

赤ちゃんの時期ごとの離乳食の作り方動画がすごい!

例えば青菜の調理法にしても、初期、中期、後期、完了期だと作り方が全然違うんですよね。

他にも、おかゆ、人参、白身魚の離乳食の作り方が4期に分けて動画で学べます。

これらをマスターすれば他の食材でも応用できるので、知っておくと何かと便利ですよ。

おすすめページ③ママが気を付けるポイント

離乳食で注意することや食物アレルギーについて簡単にまとめられています。

こちらを一読しておくことで、離乳食における最低限の注意ポイントが抑えられます。

ヨシケイプチママ離乳食のメリット・デメリット

ヨシケイプチママで離乳食作りをするメリット・デメリットをまとめます。

良い点も悪い点も全部知ったうえで、自分に合っているかどうか見極めることが大切です。

プチママ離乳食のメリット
  • 献立を考えなくてもOK
  • 多品目の食材を食べてもらえる
  • 買い出し不要
プチママ離乳食のデメリット
  • 調理に時間がかかる
  • 有機野菜ではない

一番のメリットは、献立を考えなくても済むことです。「今日は何を食べさせようかな」と大人と子供のメニューを考える作業って、毎日のことですし地味にストレスですよね。レシピ通りに作っておいしいって感動ものです。

そして、必要な食材が使いきり量で届くから、いろんな食材を食べさせられるのも嬉しい。自分だけの感覚で作っていると、どうしてもお決まりの食材でマンネリになりがちなのを解消してくれます。

買い出し不要なのも最高!配達料無料で届けてもらえるので、子供を抱えてスーパーに行く大変さを感じなくて済みます。(買い物がスムーズにいかずにストレス抱えますよね……)

まりこ

離乳食作りのストレスを和らげてくれるのだっ!

逆にデメリットは、思いのほか調理に時間がかかることです。

プチママは離乳食対応レシピではありますが、子供の分を別に刻んだり、別鍋で茹でたりする必要があるので、手間がかかる感じは否めません。レトルトを温めて出すだけとは違って、離乳食作りはめんどうだなぁと本音では感じます。

あと、野菜にこだわる人は、子供にも有機野菜を食べさせたいと思うかもしれません。ですが、ヨシケイは国産野菜ではあるものの農薬や放射能の厳しい検査をした野菜ではありません

野菜の品質にこだわるのなら、オイシックスやらでぃっしゅぼーやの利用をおすすめします。

まりこ

材料に超こだわる人は、ヨシケイはおすすめしません

ヨシケイ離乳食の良い口コミ&悪い口コミを調査

ヨシケイを離乳食で使っている方のリアルな情報も調べてみました。

良い口コミも悪い口コミもありましたので、実際に利用する前にチェックしておきましょう。

ヨシケイの悪い口コミ

まりこ

子供見ながらだと調理時間が倍になるあるある。ヨシケイの場合、メニューによって調理の大変さが違うので、それも原因のひとつかも。

まりこ

正直PDFの文字だけずらっと書かれたレシピは不親切ですよね。欲を言えば、離乳食レシピも動画にしてほしい!

まりこ

離乳食の献立を考える手間は省けるけど、作るのは想像以上にめんどうだったという意見。メニューによって作る手間が違うな―とは正直思います。

ヨシケイの良い口コミ

まりこ

夕食と離乳食どっちも作らなきゃならんって主婦業は大変すぎるのに共感!この状況を救ってくれる”神すぎる”にも共感!

まりこ

子供は食に興味津々!「いつもとは違う」「この食べ物はなぁに?」と瞳をキラキラ輝かせている姿が目に浮かぶなぁ。

まりこ

ヨシケイの離乳食レシピは、実際に注文しなくても助かりますよね。ちょっと見づらいのが難点だけど、献立を考えるママにとってかなり役立ちます。

まりこ

なんと!犬にも取り分けできるんだって。健康的なごはんでワンちゃんも喜んでそう

まりこ

品目数の多い子供ごはんはとってもおいしそう!パパママと同じ食材で作ったごはんを、一緒に食べるって幸せだろうなぁ

「ヨシケイ離乳食に助けられた!」と喜びの声をレポートするnote記事も発見しました。土日は旦那さんが晩ごはんを担当してくれるそうで、うらやましぃ~!

note(ノート)
日々の献立に悩める私を救ってくれたヨシケイさんありがとう|ならきち|note 私は専業主婦だけど壊滅的に料理ができない。というか、調理自体は人並みにこなせるけど、献立を考えるのが苦手😭 食材をやりくりするのも苦手で、野菜を一袋買うとうまく...

それでは口コミをまとめてみます。

ヨシケイ離乳食の口コミ

ヨシケイ離乳食の良い口コミ

  • 献立を考えなくて済むのが嬉しい
  • 子供がパクパク食べてくれる
  • 夕食と離乳食どちらも同時進行で作れるのが良い

ヨシケイ離乳食の悪い口コミ

  • レシピが分かりづらい
  • 作るのが面倒な離乳食メニューが多い
  • 子供を見ながらだと調理に時間がかかりすぎる

レシピはやや不親切なところがありますが、献立を考えなくて済むし、何より子供が喜んで食べてくれるのは嬉しいですよね。

実際、「調理が大変」「調理が楽」のどちらの意見もありました。私個人の感想としては、子供の分を別に作るのは正直めんどうだけど、想像してたよりはサクサク作れるかなぁといった感じです。

まりこ

一度作ってみると感覚がつかめるかも、離乳食作りスキルもアップするよ♪

ヨシケイ離乳食メンバーは割引制度あり

ヨシケイのプチママで離乳食作りをしてみたくなった!という方は、「お得なサービスはないの?」と思いますよね。

離乳食づくりをするママにお得なサービス「離乳食メンバー」も要チェックです!

ただし、こちら「ヨシケイ東埼玉」「ヨシケイ播州」の2支店限定です。

まりこ

対象エリアに住んでいる人は超ラッキー!ヨシケイの離乳食をお得に試せちゃうよ

ヨシケイ東埼玉のサービス例はこちら。お得な割引があって利用しやすいですよね。その他、離乳食づくりに必要なグッズのプレゼントもあるようです。

他にも実施している支店があるかもしれないので、気になる方は管轄エリアのヨシケイに問い合わせてみてください。

ヨシケイ離乳食に活躍するプチママを半額で試す方法

ヨシケイ離乳食を半額でお試し

「ヨシケイの離乳食をお得に試す方法って、他にはないの?」と思っている方に朗報です。

ヨシケイの一番人気コース「プチママ」が、初回限定50%オフで買えちゃいます。1食300円なのでかなりお得です。

申し込みはとても簡単です。公式サイトにアクセスして、住所や電話番号などの基本情報を入力するだけ。サクッと5分程度で申し込み完了できます。

まりこ

ヨシケイは勧誘がしつこくないのが良き。まずは一度試してみると、自分に合っているか分かるかも

赤ちゃんとの生活でヨシケイが活躍!

ヨシケイの離乳食は、献立作りに苦労しているママは一度は使ってみてほしいです。

特に初めての子育ての場合、栄養バランスを考えて、離乳食づくりに時間がかかりすぎて、ヘトヘトになってしまうことも多いはず……。

そんなとき、ヨシケイなら、赤ちゃんの月齢ごとにおいしくていろんな種類の食材を試せるのが最高です。レトルトの離乳食よりも栄養があるし、何より子供がパクパク食べる姿を見るのって嬉しいですよね。

プチママもカットミールも初回限定で1食300円でお試しできます。

もちろんお試しだけでもOKなので、気になる方は公式サイトをご覧ください。まずは味や使用感を確認してみてくださいね。

もくじ
閉じる