ベースブレッドで作るフレンチトーストが美味しい!レシピを紹介

ベースブレッドは袋からサッと取り出して食べられるのが便利な完全栄養パンです。

でも、たまには調理をして違う食べ方をしてみるのもいいですよ。

この記事では、私がよく作るベースブレッドのフレンチトーストレシピを紹介します。

もくじ

ベースブレッドフレンチトーストの作り方(レシピ)

ベースブレッドフレンチトーストの材料
  • ベースブレッド(プレーン)…1個
  • 牛乳…100ml
  • 卵…1個
  • きび砂糖…大さじ1

材料は4つだけ!めっちゃシンプルですね。甘さはひかえめなのでお好みで増やしてもOKです。

それでは作っていきましょう。

STEP
ベースブレッドを1.5cmほどにカットする。
ベースブレッドフレンチトーストレシピカット
STEP
卵液を作り、ベースブレッドを1時間浸す。
ベースブレッドフレンチトーストレシピ卵液

卵、牛乳、砂糖をボウルに入れて泡だて器でよくかき混ぜる。

ベースブレッドフレンチトーストレシピ浸す

バットにベースブレッドを入れて、卵液を注ぎ入れる。ラップをして冷蔵庫で1時間浸す(途中で裏返す)。

STEP
卵液に浸したベースブレッドをフライパンで焼く。
ベースブレッドフレンチトーストレシピバター熱する

バター大1(分量外・好みの油でもOK)を熱したフライパンに入れる。

ベースブレッドフレンチトーストレシピ焼く

卵液に浸したベースブレッドを両面こんがりするまで中火で焼いて完成!

ベースブレッドのフレンチトーストが絶品!

じゃーん!!!

ふんわりしたベースブレッドフレンチトーストが完成しました。

ベースブレッドプレーンは常温ではパサパサですが、フレンチトーストにすると驚くほどしっとり。別次元の食べ物!

ほんのり甘くて、全粒粉の風味がふわっと広がります。半分はメープルシロップをかけて食べましたが、やはり甘い方がスイーツ感が増して美味しい(悪魔の誘惑……w)。

フレンチトーストは、卵と牛乳をプラスするのでたんぱく質が約15gアップするのがいいところです。

ベースブレッド1個分のフレンチトーストの栄養素はこちら

  • カロリー…540kcal
  • 糖質…36g
  • 脂質…13g
  • たんぱく質…28g

Twitterで見つけたフレンチトーストつくったレポ&アレンジ

Twitter上でも「ベースブレッドでフレンチトースト作ったよ!」の声を多々見かけました。

なかには独自にアレンジしている方もいて参考になったのでシェアしますね。

まりこ

ラカントを使えば糖質&カロリーオフ!ベースブレッドのチョコ味で作ってもおいしそう!

まりこ

バナナとチョコで甘いトッピングは絶対おいしい!でもカロリーは正直気になるね。

まりこ

ラムレーズン×バターも絶対においしい!栄養スイーツと割り切って食べるのが良さそう。

まりこ

甘くないフレンチトーストもおいしそう。粉チーズ×ハーブっておしゃれ!

まりこ

短冊切りにすると食べやすそう。他にも乱切り、大きめ1/3カットにしている人もいたよ。

「フレンチトースト」と一口に言ってもいろんな食べ方がありますよね。

これ以外に見つけたアイディアもあわせてまとめてみたのがこちら。

ベースブレッドフレンチトーストのアイディアまとめ
  • パンの種類を変える(プレーン、チョコレート、シナモン、メープルどれもおいしい!)
  • トッピングを添える(チョコ、バナナ、はちみつ、メープルシロップ、ラムレーズン、バター、カッテージチーズ)
  • 甘みをラカント・羅漢果にするとカロリー&糖質オフ
  • 塩系にする(粉チーズ、ハーブ、コーンスープの素)
  • 切り方を変えてみる(短冊切り、乱切り、大きめ1/3カット)

ベースブレッドフレンチトーストは味に変化を求める人におすすめ!

想像以上にかんたんに作れて美味しかったベースブレッドのフレンチトースト。

袋からサッと取り出して食べるだけに比べると、確かにちょっとだけ手間がかかるけど、さほどではありません。なによりフォークで食べるだけで食事感が出るので、満足感があります。

「ベースブレッド飽きてきた」「ベースブレッドでちょっと違った食べ方を試したい」と思っている方は絶対試すべきですよ~。

まりこ

えっ?まだベースブレッドを食べたことがない?そんな方は口コミをまとめた下記の記事を読んでみてね

もくじ
閉じる