ベースブレッド実質送料無料キャンペーン中!20%割引で買う>

ローソンブランパンは太る?痩せたダイエットのやり方は朝食置き換え?

ローソンブランパン太る

痩せたい人に人気のパンといえば、ローソンのブランパンです。

コンビニの低糖質商品の中では、断トツに人気が高く、ダイエットをしたい人たちの間で欠かせない存在となっています。

その一方、「ローソンブランパンは太る?」と不安に思っている方が多いのも事実。

そこでこの記事では、ローソンブランパンが太るのか痩せるのかを調査してみました。

ダイエットには朝食置き換えが良いとの噂も聞きつけていますので、みんながどんな置き換えをしているのか朝食チェックもしてみます!

ローソンブランパンで痩せた人は多い!朝食置き換えはおすすめだよ~!

もくじ

ローソンブランパンは「太る」は本当?

ローソンブランパンを食べると太るのでしょうか?

みんなの声を調べてみました。

ブランパンを食べる生活を始めたことで「痩せた!」との報告をたくさん発見できました。

特にパンが好きで、毎日市販のパンを食べていた人にとっては効果絶大だったようです。

白いパンをブランパンに置き換えて痩せる理由は明白です。

だって、ローソンのブランパンって、糖質80%オフなんですよ!!!

ブランパン2個入
糖質2.2g/カロリー63kcal(1個当たり)
ブランパンのバタースティック2本入
糖質8.8g/カロリー133kcal(1個当たり)
ブランのチーズ蒸しケーキ2個入
糖質9.2g/カロリー111kcal(1個当たり)

例えば基本のブランを使ったシンプルパンは、1個糖質2.2g、カロリー63kcal

一般的なロールパン1個の糖質は13~15gなのでびっくりするくらいの糖質の低さですよね!

ローソンサイトでは糖質について、以下のように書いています。

小麦粉と比べて糖質が少なく、食物繊維などの栄養成分を多く含んでいる“ブラン(穀物の外皮)”を使用したパンです。小麦粉を使用しているロールパンの糖質量が100gあたり46.6g(※1)に対し、ブランパンは100gあたり7.86gに抑えられています。また、2016年11月からは生地に乳酸菌を配合しました。

(※1)日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1442901_2504.html

おいしいブランパンを作るのってかなり難しくて、開発員は試行錯誤したに違いありません。

開発員たちの努力の結晶であるブランパン、パン好きダイエッターにとっては神レベルでありがたい存在ですよね。

ちなみにブランパンで太った!という声は見かけなかったよ

ローソンブランパンで痩せたダイエットのやり方は朝食置き換え!

ローソンブランパンで痩せた人の共通点として、以下のことがわかりました。

  • パン好きの人がブランパンに置き換え
  • 朝ごはんを置き換え
  • おやつに置き換え

つまり、ポイントは「 置き換え 」なんですよね。

今までの太る習慣を少し改善することで、ゆるやかに痩せ体質になっていけるようです。

ローソンブランパンの痩せた置き換え朝食

ローソンブランパンの置き換えは、まずは朝ごはんでやってみるのが手っ取り早いです。

Twitterを調査してみると、ローソンブランパンで痩せる朝食を実践している人がたくさんいました。

ブランパンだけだと物足りないので、具だくさんの野菜スープをプラスするとバランスが良さそうですね。

ローソンブランパン痩せた置き換えおやつ

いつものおやつを低糖質のブランパンに置き換えるのもダイエットに効果的です。

Twitterで見つけたブランパンオリジナルおやつのレシピが参考になりました。

ブランパン単体だと飽きちゃうけど、アレンジすれば毎日食べられそう!

ローソンブランパンは太る?まとめ

ローソンブランパンは太るのかのまとめです。

結論として、ブランパンは痩せやすいパンです!

一般的な白いパンと比較すると、糖質は約80%カット

置き換えるだけで痩せたと実感できるのは明白です。

朝食、昼食、夕食に置き換えるもよし、おやつに置き換えるもよし。

味が気になる方は、まずはローソンでゲットして食べてみてくださいね。

もくじ
閉じる