ベースブレッドチョコレートは甘さ控えめ。アレンジも紹介

ベースブレッドシリーズの中でも、食べやすいと評判なのがチョコレート味です。

菓子パンなのに、ヘルシーで低糖質な栄養食だなんてスゴイですよね。コスパもかなり優秀です。

この記事では、ベースブレッドチョコを食べた感想やアレンジ方法をご紹介します。

もくじ

ベースブレッドチョコを実際に食べてみた

ベースブレッドのチョコレート袋

お試しスタートセットで購入したベースブレッドチョコは、黒のスタイリッシュなパッケージ。

ベースブレッドのチョコレート中身

袋から開けてみるとこんな感じ。ツイストされた大きめのデニッシュパンが入っていました。

平べったい丸型で、持った感じはふんわりやわらか。

ビターな味わいの「大人のチョコパン」

ベースブレッドチョコレートの断面

カットしてみると断面にプチプチを発見!

その正体はチアシード。日々の食事では摂りづらいオメガ3系脂肪酸たっぷりなのだとか。なるほどー。

温めずにそのまま食べてみると、期待を裏切らないしっとりふんわり。これは……そのまま食べても美味しいぞ!

普通のチョコデニッシュパンと違うのは、パン生地の風味が強いこと。小麦全粒粉やライ麦全粒粉、大豆粉がメインだから、香ばしい独特の風味。でもチョコのおかげか癖は強くない。

甘さはごくごく控えめ。パン自体に菓子パンのような甘みがありませんし、チョコスプレッドもビターで、「大人のチョコパン」といった感じ。

まりこ

甘すぎなくて超タイプ!

ちなみに、焼くとさらにふんわり感がアップします。個人的には噛み応えがあるから、そのまま食べる方が好きでした。

子供が食べた感想は?

私はお気に入りの味だったけど、子供たちはどんな反応なのでしょうか?

息子(7才)に食べてもらいました。

ベースブレッドチョコレートを食べる子供

あ!チョコのパンじゃん!食べた―い

まりこ

うん、食べて食べて。気に入ってくれるかなぁ(ドキドキ)

むしゃむしゃ。うん、おいしいよ

まりこ

お、そっかそっか♪おかわりいる?

うーん……いらない!

なんとまぁ、子供らしい正直な感想(笑)

どうやら子供にとっては、甘さが控えめなのでテンションが上がる味ではなかったようです。食べはするけど、別に食べなくてもいいかなというレベルらしい。

ベースブレッドチョコのアレンジ方法

ベースブレッドチョコレート横カット

それならばと、ベースブレッドチョコを色々とアレンジしてみました。厚みを半分にカットして、トッピングをのせて焼いてみます。

ベースブレッドチョコレートアレンジ(チョコバナナ)

チョコバナナ

完全にスイーツです。もはやこれが完全栄養食とは思えません。息子は「これうますぎる!」と連呼して、妹と奪い合いで食べていました。

ベースブレッドチョコレートアレンジ(いちごマシュマロ)

苺マシュマロ

こちらも完璧なスイーツ完全食。マシュマロが甘々なので、苺の酸味がいい仕事しています。

その他、チョコペースト、黒ごまペースト、ハチミツ、練乳などをかけてみましたが、どれも子供たちの反応は良かったです。

ですが、どれもベースブレッドチョコの良さを活かす組み合わせではないかなと思いました。トッピングの味の方が勝ってしまう……。

そしてもちろん、ツナやハムなどのおかず系は合いません。

個人的には、ベースブレッドチョコはアレンジせず、袋からそのまま食べるのがベストかなという結論に至りました。

ベースブレッドチョコの特徴

ベースブレッドチョコレートの大きさ・価格・原材料・栄養素とカロリーについて見ていきましょう。

大きさを他商品と比較

ベースブレッドチョコレート大きさ比較

ベースブレッドの大きさは直径9.5cm。他のシリーズと比較すると一番大きいです(ですが、薄くて高さはありません)。

価格(最安は公式サイト)

ベースブレッドチョコの最安価格は164円です。

購入先 1食(1個)の価格
公式サイト(初回20%引き) 328(164)円
公式サイト(2度目以降10%引き) 369(184)円
楽天 497(248)円
Amazon 497(248)円
Yahoo 497(248)円
ファミマ!!(店舗) 496(248)円

公式サイト以外は値段がやや割高になるので、公式サイトで買うのがベスト。

初めて購入する方は20%割引で購入できるうえに、2度目以降も10%割引になるので、一番安く買うなら公式サイト一択です。

私も初回はクーポンを使ってお試しスタートセットを購入しました。

こちらの記事でクーポン内容をチェック!

使用されている原材料

ベースブレッドチョコレート原材料

ベースブレッドチョコレートの原材料

チョコレートフラワーペースト(ゼラチンを含む)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組み換えでない)、もち米、発酵種(小麦を含む)、鶏卵、ライ麦全粒粉、米ぬか、小麦胚芽、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂(大豆を含む)、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でんぷん、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤

ベースブレッドチョコレートは、小麦全粒粉、大豆粉、ライ麦全粒粉などの粉で作られています。

栄養価を高めるために、チアシード、海藻粉末、真昆布粉末が入っているのがちょっと変わっていますよね。

プレーンの原材料とほぼ同じですが、添加物が少し増えているのがわかります。

▼ちなみにプレーンの原材料はこちら

ベースブレッドプレーン原材料

栄養素とカロリー

ベースブレッドチョコレート栄養素

ベースブレッドチョコレートを1食(2個)食べると、1日に必要な栄養素の1/3を摂ることができます。

グラフを見て驚くのが、炭水化物が少ないのに食物繊維は基準値をクリアしているということ。つまり糖質が少ないってことなんです。

同じく低い値のナトリウムは、塩分控えめであることを示しています。

カロリーは1個252kcal。ご飯茶碗1杯と同じくらいです。

ちなみにヤマザキのミニスナックゴールドは1個538kcal!(←でも美味しいよね)

ベースブレッドなら1食(2個)食べてもこれより低カロリーなうえに、栄養バランスが整っているなんて最強すぎます。

ベースブレッドチョコの口コミ

ベースブレッドチョコレートの口コミを探してみました。

まりこ

「チョコ味は食べやすい」って声が多かったよ

まりこ

甘い菓子パンを想像すると、イメージとのギャップに物足りなさを感じるかも…

まりこ

たしかにチョコはアレンジしづらいのが事実。途中で飽きやすいのが弱点かも

口コミを調査してみたところ、ベースブレッドチョコレートは「おいしい!食べやすい!」と好意的な意見が多かったです。

一方、菓子パンのような甘さがないから期待はずれ、アレンジがしづらいので飽きるというネガティブな意見もありました。

ベースブレッドチョコの購入方法

ベースブレッドは公式がおすすめ

ベースブレッドチョコレートは公式サイト、楽天、アマゾンで購入することができます。

最安なのは公式サイト継続コースでの購入です(途中解約はカンタン)。初回20%割引、次回以降毎回10%引き。

購入先 1食(1個)の価格
公式サイト(初回20%引き) 328(164)円
公式サイト(2度目以降10%引き) 369(184)円
楽天 497(248)円
Amazon 497(248)円
Yahoo 497(248)円
ファミマ!!(店舗) 496(248)円

はじめて購入するなら、いろんなフレーバーが詰まったBASEFOODスタートセット からスタートするのがいいですよ。

クーポンを利用すればさらに割引で買えます。公式LINE登録で100円引きになるので(登録はカンタン)、損しないように買ってくださいね。

\ 継続コースなら20%割引 /
公式サイトで注文する
2回目以降キャンセル料金は無料

あわせて読みたい
ベースフードクーポンコードで最安!継続コース解約で発行 完全食のパンとパスタを展開するベースフード。せっかくなら、一番安い価格でクーポンコードを利用して購入したいですよね。 実はベースフードは継続コース解約で発行さ...
もくじ
閉じる