ベースブレッドで太るは嘘。ダイエットで痩せたい人に贈る攻略法

完全食のパン「ベースブレッド」は、”痩せるパン”としてダイエッターに注目されていますが、その評判は本当なのでしょうか。

私は継続コースで食べ続けているので、ダイエット効果についてはハッキリと言えます。

ベースブレッドは食べ続けるだけで痩せます「太る」の噂は嘘!

これまでどんなダイエットを試しても効果が出ず痩せたいという方にこそ、ベースブレッドを体験してみてほしい。そんな気持ちを込めてこの記事を書きました。

実際、私はズボラで運動が大嫌い。活動量は決して多くはないですが、ベースブレッドのおかげで太るとは無縁、ベスト体重をキープできています。

ゆるやかに痩せる体質を手に入れるといった感じでしょうか。頑張ってる感はありません。

それでは「きちんと食べて痩せたい」と思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

\痩せ体質にしたい方はどうぞ/

商品について詳しく知りたい方は、ベースブレッドお試し体験レポート&口コミまとめもご一読ください。

もくじ

ベースブレッドで太るは嘘!ダイエットに最適な理由

実は巷にあふれる口コミでは「ベースブレッドを食べすぎると太る」という意見も少なからずあります。

ベースブレッドは一般のパンより低カロリーではありますが、もちろん食べすぎはNGです。

正しいベースブレッドとの付き合い方を知っていれば、ストレスフリーで痩せられるのに……。逆に太ってしまっては残念ですよね。

ところで、そもそもなぜ人は太るのでしょうか?

素朴な疑問ながら、ダイエットをする人が知っておくべき根源的な問いに対して、明快に回答している記事がありましたのでシェアしておきます。

note(ノート)
ってか、なんで太るのか?の科学的なこたえ|おおたしじみ|note 前回、パレオダイエットとは?という以上にエビデンスのランクについて紹介しましたが、そもそもなんで人は太るのか? ついつい「運動不足だな、やっぱり……」って思いがち...

この記事では、ヒトが太る原因に対してこのように論じています。

  • 太るのは運動不足が原因ではない
  • 本来なら人間の体はレプチン(ホルモンの1種)で体重を適正にする
  • 人間は進化の過程で高カロリー志向へと変化した
  • 食べ物が美味しすぎる刺激でレプチン受容体がぶっ壊れる
  • だから必要以上に食べすぎて太る

おもしろい考察ですよね。

美味しすぎる食べ物とは、砂糖や油をたっぷり使った加工食品。太るリスクが高いとは知られていますが、こってりしたラーメンや甘いスイーツはやめられないですよね。

人生をエンジョイするために、美味しい食べ物で幸せな気持ちになることは否定しません。でも、甘美な快楽に囚われて、太ってしまい自己肯定感が失われてしまったのなら元も子もないですよね。

ベースブレッド チョコ

ベースブレッドなら低糖質・低カロリーで腹持ちが良く、ダイエットに最適です。それに1食で1日に必要な栄養素三分の一をとれるパーフェクトぶり。

特にパン好きな人に試してほしいのは、通常のパンが糖質の塊であり、太りやすい食べ物だから。ベースブレッドは全粒粉をベースに昆布粉末やチアシードが練り込まれ、香ばしい独特の味わいがあります。

味わいに関しては賛否両論ありますが、私は気に入ったので継続購入しています。天然酵母パンのような味わい深いパンが好きな人なら、きっと気に入ると思います。

ベースブレッドダイエットの口コミを調査(→太るは嘘を証明!)

ベースブレッドを食べ続けるだけで本当に痩せるのでしょうか?

そんな疑問を解消するべく、ネット上での口コミを調査することに。そして調査して数分後、見つけたのは指原莉乃さんのこんなツイートでした。

このツイートは7700件以上のいいね!と120件以上のリプが寄せられ、ネットニュースでも話題となりました。

食べないダイエットは卒業したので 糖質とってトレーニングして食べて痩せてます!!!!!!!!!!

とコメントも残しています(ベースブレッドの糖質は低いですがゼロではないことを受けてのコメントです)。美意識が高い指原さんが、減量のために選んだのがベースブレッドだなんて、なんだか心強いですよね。

ほかにもベースブレッドで痩せたとの報告をたくさん発見しました。
※ちなみに「ベースブレッドは太る」の報告はありませんでした

ブログでもベースブレッドで減量したレポートは多いです。これだけダイエット成功者が多いと、信頼感がありますね。

ベースパスタとベースブレッドを併用してダイエットに成功したYoutuberさんもいました。

BASE FOOD MAGAZINE
偏食・運動嫌いの生活が、BASE FOOD®で超健康体に大変貌〜定期購入者インタビュー vol.13〜 BASE FOOD®の魅力を愛用者にうかがう定期購入者インタビュー。今回、お話をうかがったのは西村佐千恵さんと、長女の七海さん親子。 ご家族でBASE FOOD®をご愛用されている...

家族で愛用している方も。こちらの娘さんは大の偏食家だったそうですが、栄養を意識することをきっかけにベースフードに出会い、体つきに変化が出てきたそうです。

ベースブレッドは糖質ゼロではないので、徹底的に糖質カットをしている方は注意です。ですが、一般的なパンに比べて糖質はかなり低く、ダイエットに向いているといえます。

つまり、正しく食事にとり入れれば、ベースブレッドで太るなんてありえない!

私はベースブレッドでベスト体重をキープしています

本当は私が実際にベースブレッドを食べ続けて、ダイエット成功する姿をお伝えできれば良かったのですが、現在の体型を変えようという意志がないので、ベースブレッドを食べ続けるだけでベスト体重をキープできていると記しておきます。

わたしの情報

身長・体重

  • 身長…160cm
  • 体重…50㎏
  • 運動…ほぼしない。仕事はPC作業がメインでたまに取材で外に出る程度。

食事

  • 朝食…ご飯(150g)、納豆、ヨーグルト(食べない時もある)
  • 昼食…ベースブレッドを使ったサンドイッチ(1個)またはベースパスタ
  • 間食…1~2個(せんべい、チョコ、ドライフルーツ、果物など好きなもの)
  • 夕食…ご飯(100g)、汁物、おかず2~3品
まりこ

ベースブレッドをいつ食べるかに決まりはないです。朝食に食べる時もあるよ

160cmで50㎏というのは決してモデル体型ではないですが、体に無駄な肉がついている感覚がなく、自分にとってちょうど良いと感じています。

数年前、長女のつわり時期に体重が46kgまで落ちたことがありましたが、やつれた感じで見た目にも健康的ではありませんでした。ですので、体重は49~50kgがベストかなと思っています。

まりこ

数年前のわたしは体重54kg。結構ぽっちゃりしてた自覚がある

ぽっちゃりで太る自分を何とか変えようと、食事を抜いたり、当時流行だったバナナダイエットに手を出してみたり、朝方にマラソンをしてみたり、色々やってみたのですがすぐに飽きて続きませんでした。

そんな時に考え方をチェンジしてみました。満たされるためには、一つひとつの食事を大切にしようと。

「量より質」へと意識を変えていきました。そうすると、自分が本当に食べたかったものをゆっくりと時間をかけて食べるようになったのです。もちろん特別な運動はなしに。

自分の体に向き合い、お腹が空いたと思う時にだけ食べることにしました。

ここで大事なのは「美味しいと感じるものを食べること」。

”おいしい=砂糖と油がいっぱい”ではありません。じんわり体に染み渡るようにほっとする味のもの。ラーメンやスイーツとは対極をなす低刺激のおいしさです。

(今ラーメンが大好きで太っている人でも、だまされたと思って3カ月食生活を変えれば味覚が変わります。本当です)

やさしくて体に染み渡る味を求めていた私にとって、ベースブレッドはぴったりでした。


もともとパンは大好きだったけど、グルテンをうまく消化できないことは自覚していて……そんな私でも食べられるパンがあるなんてサイコー!

ダイエットで食べたいベースブレッド

ベースブレッドは1個がかなり大きめです。これにサラダチキンや野菜を挟めば1個でじゅうぶんお腹いっぱい。マックのハンバーガーの5倍(私的感覚)の満足感があります。

そんなこんなで、ノンストレスの特別な運動なしに、160cm50kgをキープできています。太る心配なしで、ベースブレッドさまさまです。

\痩せ体質にしたい方はどうぞ/

ベースブレッドで太る食べ方もあるので注意!

冒頭に「ベースブレッドで太るというのは嘘!」と書きました。そして私自身、ベスト体重をキープできて満足しています。

でも、気を付けてほしいのは「ベースブレッドで太る食べ方」も存在することです。

「ベースブレッドで太った!痩せるなんて嘘じゃん!」と憤慨している方、もしかしてこんな食べ方をしていませんか?

ベースブレッドの太る食べ方

ジャムやハチミツをたっぷり付けて食べるとおいしいですよね。チョコレートなんてのせて焼いたら超幸せですよね。

実際、私はこんなスイーツな食べ方もしてはいますが「毎回甘いトッピングをたっぷりしていたら」間違いなくアウトで太る……。肝に銘じましょう。

代わりにサラダチキン、鯖の味噌煮、卵サラダ(マヨネーズの量には気をつけて!)など、たんぱく質が豊富な食材と合わせると栄養バランスも食べごたえもアップします。

油脂類をつけたい方はバターではなく、オリーブ油やアマニ油がおすすめです。

特にアマニ油は不足しがちなオメガ3脂肪酸がメインで、血液をサラサラに、美肌やアンチエイジング効果も期待できるダイエッターご用達の良質オイルなのです。

また、当然ですが1食2個なので、それ以上を食べるのはカロリーオーバーです。いくら体にいいものでも、食べすぎは厳禁!

「でも、2個じゃ足りないんだよ~」という方は、早食いではありませんか?

ゆっくり噛むことで満腹中枢が働いて、少量でもお腹いっぱいになります。それにあごの筋肉もつくし、だ液がでるので消化力もアップ。いいこと尽くめです。

ベースブレッドの痩せる食べ方

というわけで、ベースブレッドで痩せる食べ方はこちら。

気をつけて食べれば、大丈夫。ちゃんと痩せます。

\痩せ体質にしたい方はどうぞ/

ベースブレッドダイエットの前に知っておきたい栄養のこと

それでは、なぜベースブレッドを食べ続けると健康的に痩せられるのでしょうか?

まずはこのパンには、太る要素が少ないことを知っておくべし。

ベースブレッドの特徴

  1. カロリーが低い
  2. 食物繊維が多い
  3. 植物性たんぱく質が多い

それでは順番に解説していきます。

カロリーが低い

ベースブレッドのカロリーは1個200~260kcalです。1食(2個)だと400~520kcalになります。

コンビニおにぎりが1個約170~220kcalなので、ボリュームと食べ応えから判断するとベースブレッドに軍配が上がるんですよね。

そしてもちろんタンパク質、食物繊維、ミネラルなんかの栄養素も詰まってるから圧勝。

よく噛んで食べれば、1個で十分満足感があります。サンドイッチにするために具材を挟んでも余裕で500kcal以下で済みます。

②食物繊維が豊富

ベースブレッドの食物繊維

ダイエットの鍵を握るのは「食物繊維」と言っても過言ではありません。

ベースブレッド1個で約3.4g前後の食物繊維がとれます。

胃腸をゆっくりと通過する食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにしてくれる超重要栄養素。水分を吸収してお腹の中で膨れるから、満腹感も感じられます。

美容の大敵である便秘を改善するにも大活躍。善玉菌のエサになるので、腸内環境改善にも役立つしといいことづくめなのです。

③植物性タンパク質が多い

タンパク質には動物性と植物性に分けられますが、植物性は脂肪が少なく、かつ食物繊維の割合が大きい特徴があります。

だからヘルシーでダイエット向き、太ることとは無縁になるのです(だからと言って植物性タンパク質のみというバランス感に欠けたとり方もNG)。

基礎代謝を上げるには筋肉量を落とさないこと。

筋肉をはじめとした体をつくるタンパク質をしっかりと摂取することが健康的に痩せるヒケツなのです(といっても私は運動はしませんが…)。

ベースブレッドがダイエットに最適な3つの理由

ベースブレッドが栄養たっぷりで、痩せるためにぴったりなのはわかりました。

でも、別に置き換えのダイエットゼリーとかドリンクでも良いんじゃない?

もし自分が気に入ってさえいれば、ダイエットゼリーでもドリンクでも構いません。

でも私の場合は、これらが続かなかったんです。継続できなければ、一時的に痩せたとしても意味がないですよね。

ベースブレッドは続けやすい要素があるからこそ、痩せられるし、太ることと無縁になるのだなと実感しています。

その要素はこちら。

ベースブレッドが続けやすい理由3つ

  1. 満足感がある
  2. 気軽に食べられる
  3. コスパがいい

順番に解説していきます。

①満足感がある

前述した通り、ベースブレッドは食物繊維が豊富です。さらにチアシードが練り込まれているので、お腹の中で膨れます。

白いふわふわパンと違って、噛みしめるパンなので、ゆっくりと食べることで満腹感があります。

そして、何より美味しいんです。

個人的な好みで言えば、メープルは甘くておやつ感覚で食べられます。プレーンは単体だと食べにくいですが、アレンジを加えて具材を挟むことで、スペシャルなサンドイッチに変身します。

「美味しいもので満たされる」この充足感は、ダイエット中では何よりも重要です。

ベースブレッドの私的アレンジについても記事にまとめています。

②気軽に食べられる

袋から出してサッと食べられる気軽さはベースブレッドの魅力です。サンドイッチを作るにしても、5分以内に完成しちゃうのでたいした手間ではありません。

気軽に調達できるかという観点から見ると、都内の方であればコンビニファミマ‼でサクッと購入できるのがうらやましい限り。

でも大量購入するのなら絶対にネット購入推奨(理由は最安だから)。

賞味期限が常温1カ月もあるので、ストックしておいてすぐに食べられる気軽さは最高です。

まりこ

今日は何食べよう…って迷わないから、時間の効率化にもなるよ

③コスパがいい

ベースブレッドは1個当たり約180~230円です(クーポン利用や販売場所によって差異あり)。2個食べてもワンコイン以下。

私の場合は、1回の食事でベースブレッド1個+具材(サラダチキン半量のことが多い)なので計350円くらいですね。

まりこ

外食やコンビニ弁当よりもずっとコスパがいいよね

ベースブレッドダイエットの注意点

私はベースブレッドで理想的な体重をキープできていますが、食べ方に関しては気を付けていることがあります。

ベースブレッドで太るかも!? と心配な人は要チェック!

ベースブレッドダイエットで気を付けるべきこと3つ

  • 水を多めに飲む
  • 1日に何食も食べすぎない
  • よく噛んでゆっくりと食べる

水を多めに飲むことは、ぜひ意識すべきです。
なぜなら、食物繊維が豊富でチアシードも練り込まれているので、摂取する水が足りないと腸内の水分を吸ってしまうんです。結果、「便秘になりやすい=代謝が悪くなって太る」のでご注意を!

1日にベースブレッドを何食も食べないことも気を付けています。
いくら完全食といえども、これ単品だと飽きがきてしまいます。ダイエットは継続が命。自分に合ったペースを守ることは大事です。

よく噛んでゆっくりと食べることは痩せる体を手に入れるために超大事。
実は私たちは咀嚼しているときにもエネルギー消費をします。よく噛むことで体が消化する負担もやわらぐので、ぜひ意識したいところです。

ベースブレッドダイエットでおすすめのアレンジ方法

ベースブレッドダイエットを志す方は、基本はプレーンをアレンジして食べることをおすすめします。

なぜなら、飽きづらく、具材の食感をプラスすることで満足感を得やすいからです。

そして痩せ度を加速させたいのなら、糖質が高いトッピング(ジャムやハチミツなど)は避けることをおすすめします。

というのが理想ですが、私は気にせずに甘いトッピングもしちゃいます(笑) ←太るので注意!

ゆるく楽しくベースブレッド生活を楽しみましょう。

まりこ

痩せたいダイエッター向けトッピングおすすめ5選をご紹介します。ぜひ試してみてね~!

ベースブレッドとサラダチキン

サラダチキン×きゅうり(写真はクリームチーズのせ)

一番おいしくて王道の味。こだわりはサラダチキンにきゅうりの薄切りをプラスすること。しゃっきりとした食感で食べ応えがでますよ。

サバ缶×ショウガ

EPAやDHAが豊富なサバ缶はベースブレッドにもぴったり。独特の臭みが苦手なので、ショウガのすりおろしをプラスします。もしカロリーOKであればごま油を少しだけたらすとさらにおいしいです。

半熟卵×カイワレ

沸騰したお湯から7分茹でた半熟卵とカイワレのトッピング。少しだけ醤油またはケチャップをつけて食べるのがお気に入り。マヨたっぷりのたまごサラダよりずっとヘルシーです。

ハム×山盛りレタス

ハム1枚にレタス大量!レタスは千切らずに丸くまとめて、サンドイッチを作ったらラップで包んでなじませるのがポイントです。

ヨーグルト漬けドライフルーツ×水切りヨーグルト

甘系が食べたければこれがイチオシ。ヨーグルトに一晩漬けておいたドライフルーツと、固くなったヨーグルトをサンドします。お気に入りはドライマンゴー。

この他にも、ベースブレッドを使ったアレンジメニューを研究しています。アイディアを考えるのも楽しいものです。

食べて痩せよう!ベースブレッドなら太る悩みから解放される

ベースブレッドは痩せる

いろいろ書いてきましたが、ダイエットで一番大切なのは継続です

おいしく食べて毎日ハッピーに過ごして、暴飲暴食はしない(できれば運動した方がいいけど、私のようなズボラな人は難しい)。すごくシンプルなことですよね。

楽して本気で痩せたい人、太る悩みから解放されたい方は、できればベースフード(ブレッドでもパスタでもOK)生活を、最低3カ月は継続してみてください。ゆっくり噛んで食べることも忘れずに!

すると、自分の嗜好が変わってくることに気付くはずです。痩せやすい体というより、痩せやすい嗜好になるというのが正しいと思います

まりこ

数年前、私はラーメン大好きだった。でも、塩辛いな脂っこいなと感じるようになったよ。味覚の変化に自分でもびっくり

ベースブレッドを定期的に購入するなら、公式サイトからの購入が最安(楽天、Amazonでも購入できますが、割高なうえに賞味期限が短いです)。

私は初回20%オフのスタートセットから始めて、その後は毎月10%オフで購入できています。さらに安く買いたい時はクーポン利用もお忘れなく。

繰り返しますが、ダイエットは継続することが大切です。ベースブレッドは続けることが負担にならないので、ダイエットしている感覚なしに楽しめます。

とりあえず3カ月続けてみると、自分の味覚が変化しているはず。

その時にいったんベースブレッドをやめてみても、リバウンドしづらい嗜好になっていると思います。つまり、太る悩みから解放されているってことです。

まずは初めの一歩を踏み出してみてくださいね!

\継続コースは20%割引/

2回目以降はキャンセル不要

もくじ
閉じる