ベースクッキー口コミ評判。まずいけど癖になるハマる味!

BASE FOOD(ベースフード)が2021年6月9日にリリースした完全栄養おやつ「Base Cookies(ベースクッキー)」。もう食べましたか?

「気になっているけど、口コミ評判を調べてから買いたい!」という方のために、実際に購入した私が正直レビューします。SNS上の口コミ60件も調査しましたので参考にどうぞ。

ぶっちゃけますと最初は「え、まずい…」と感じましたが、じわじわとハマる味でなかなか好きな感じでした。リピします。というわけで、ベースクッキー購入を検討している方は、とりあえずご一読くださいね。

もくじ

口コミで話題のBase Cookies(ベースクッキー)とは?

ベースクッキーは1日に必要な栄養素の3分の1が摂れるクッキーです。そのスーパーフードっぷりにちなんで「完全栄養おやつ」と呼ばれています。

フレーバーは「ココア」「アールグレイ」の2種類。小さな小袋に入った食べ切りサイズなので、ダイエッターにもウケそうなサイズ感です。

たんぱく質や食物繊維、26種類のビタミン・ミネラルがぎっしり詰まっていて栄養満点。ふつうのクッキーは炭水化物と脂肪の塊ですが、ベースクッキーは180度異なるベクトルでつくられたおやつなのです。

完全栄養パンや完全栄養パスタを生み出したBASEFOOD(ベースフード)の新商品とあって、発売直後の SNS上ではベースクッキーの話題が飛び交っていました(口コミ調査は後ほどまたガッツリ紹介します!)。

「クッキーなのに完全食ってどういうこと!?」と思いますよね。それでは、そのヒミツをご紹介しますね。

ベースクッキーの原材料

ベースクッキーの栄養が「完全」なのは、使用されている材料を見れば一目瞭然です。

ベースクッキーアールグレイの原材料

小麦全粒粉、黒砂糖、大豆たんぱく(遺伝子組み換えでない)、食用植物油脂(菜種油)、卵黄(卵を含む)、アーモンド、紅茶、小麦たんぱく、食物繊維、米ぬか、澱粉分解物、粉末油脂、真昆布粉末、酵母/加工でん粉、膨張剤、香料、糖転移ビタミンP

ベースクッキーココアの原材料

小麦全粒粉、黒砂糖、大豆たんぱく(遺伝子組み換えでない)、食用植物油脂(菜種油)、卵黄(卵を含む)、アーモンド、ココアパウダー、小麦たんぱく、食物繊維、米ぬか、澱粉分解物、粉末油脂、真昆布粉末、酵母/加工でん粉、膨張剤、香料、糖転移ビタミンP

クッキーのメイン材料となる小麦粉は全粒粉、甘みは黒砂糖でどちらもビタミン・ミネラルがたっぷり。大豆たんぱく、米ぬか、真昆布の粉末まで入っています。

まりこ

原材料だけ見ると「これ、クッキーなの!?」と疑うレベルだね

油脂はバターやマーガリンではなく、菜種油と粉末油脂を使用。アーモンドの油分もうま味プラス効果があるんじゃないかなぁと想像します。

ヴィーガンの方にとって残念なのは卵黄が入っていること。おいしさと栄養価アップのために必要な材料だったんでしょうね。

ベースクッキーの栄養・カロリー・糖質

続いてベースクッキーの栄養を見ていきましょう。

1食に必要な栄養素を基準値にしたグラフがこちら。4袋分(1食)の栄養素です。

ベースクッキー・ココア

ベースクッキー・アールグレイ

たんぱく質・食物繊維・ビタミン・ミネラルの摂取目標基準値を見事にクリアしていますよね!

ここで注目したいのが「炭水化物」「ナトリウム」の数値が低いことです。

それはつまり、糖質が少なく、塩分控えめであることを意味します。

まりこ

クッキーなのに糖質が低いってスゴイこと!

ちなみに、カロリーは1袋(35グラム※11~13個入り)ココア154kcal、アールグレイ153kcalです。

ベースクッキーカントリーマアムムーンライトマリー
(枚数)(11~13枚)(3.5枚)(4枚)(6.5枚)
カロリー(35g当たり)153/154kcal168kcal185kcal155kcal
炭水化物17.5g22g21g28g

人気の市販クッキーと比較するとこんな感じ。

カロリー的にはあんまり大差ない感じがしますが、糖質はベースクッキーが優秀です。

というのも、炭水化物は糖質+食物繊維なので、ベースクッキーの糖質は14.4グラム。市販クッキーの食物繊維の数値はハッキリとは記載されていませんが、精白小麦が使われているのでさほど期待できないと思われます。

ベースクッキーの本音口コミ!実際に食べてみた

それでは、実際に食べてみた口コミをレポしますね!

コンビニによくある食べ切りおやつと同じようなサイズ感。ココア、アールグレイの2種類のどちらも試してみるとします。

ブルボンのプチシリーズを思わせるサイズ感です。ココアは12枚、アールグレイは13枚入っていました。ネット記事を調べてみたところ、1袋につき11~13枚入っているようです。

よく見ると、クッキーの形が不揃いで、ハンドメイド感があります。なぜだろう?

まずはココアからいただきまーす!

「ん……甘くないぞ?」

普通のクッキーの甘さをイメージして食べたので、かなり甘さ控えめなベースクッキーの味のギャップを埋め合わせるのにやや時間がかかりました。

「どうしよう、まずいかも……(汗)」

正直に言うと、一口目はこんな感想でした。でも、購入してしまったのでとりあえず食べ続けてみると、不思議なことに慣れるんですよね(笑) 普段白米を食べ慣れている人は、玄米に違和感を感じて「まずい」と感じることってありますが、慣れると味覚が変化しますよね、あの感じです。

そして、ガリガリと固さのある食感にびっくり!
赤ちゃんの歯がためクッキーを思わせる、バリボリ具合。普通のサクッとしたクッキーをイメージして食べると、ギャップに驚くかも。

でも、この固さはかなり好きな感じです。クッキーなのに噛み応えがあるって、ダイエット中のおやつにも良さそう。

全粒粉の癖は、ココアの風味で相殺させているのかな。前述した通り、材料が超特殊ですが、それにしてはバランス良くまとめていると思います。

続いてアールグレイいってみましょ~。

袋を開けた瞬間から、アールグレイが香ります。「紅茶味」ではなく「アールグレイ味」なのが、こだわりありでオシャンティな感じがしますよね。

ベースクッキーをガリっと齧ると、広がるアールグレイの香り。ココアよりもフレーバーの風味は強い感じがします。全粒粉や黒砂糖の濃い風味と、アールグレイの強い香りを合わせる、風味の濃いクッキーは独特。

世の中にはいろんなクッキーがありますが、これは初体験な味です。一つひとつが小さなクッキーですが、固さがあるのでかなり食べごたえがあります。

かなり口の中の水分がもっていかれるので、飲み物と一緒にゆっくり食べることをおすすめします。

まりこ

ワタシ的ベストマッチな飲み物は、牛乳!

ベースクッキーはめっちゃおいしいか?と聞かれたら、正直答えに迷いますね(笑) ですが、ダイエットの相棒としてかなりいい活躍をしてくれると確信しています。

おからクッキーを好んで食べている人には、むちゃくちゃ推しますね。ベースクッキーの方がはるかに栄養価が高いですし、食べごたえもあります。

小腹が空いたときのおやつとしても最適。おやつって本来、足りない栄養素を補うものですよね。ベースクッキーはその役割をしっかりと果たしています。

ちなみにダイエット目的の方は、ベースブレッドもぜひ試してみてほしいです。マジで痩せます。

あわせて読みたい
ベースブレッドで太るは嘘。ダイエットで痩せたい人に贈る攻略法 完全食のパン「ベースブレッド」は、”痩せるパン”としてダイエッターに注目されていますが、その評判は本当なのでしょうか。 私は継続コースで食べ続けているので、ダイ...

ベースクッキーの口コミ評判は? SNSを調査!

ベースクッキーの口コミ評判、世間の反応はどんなものでしょうか?60件の口コミを調査しました。

悪い口コミ

悪い口コミでは、特に「価格が高い」との声が目立っていました。悪い口コミ評判のまとめはこちら。

ベースクッキーの悪い口コミまとめ

  • おいしいとはいえない
  • モサモサする食感が苦手
  • 1食(4袋)680円は高すぎる
  • おやつにするならベースブレッドの方がいい

おいしいかどうかは好みによります。そして、この超ハードな固い食感も好みがわかれるでしょうね。

1食680円ということは、1袋170円です。コンビニの食べ切りサイズお菓子と比較すると若干高めですが、そこまで高くはないかなぁと個人的には思います。

甘さを求めるなら、ベースクッキーより、ベースブレッド(メープル・シナモン)がWINですね!しかもスティックサイズで食べやすいので、私も甘いものが食べたくなったら、ベースクッキーよりもベースブレッドを選びます。

まりこ

でも、おやつの選択肢としてベースブレッドだけでなく、ベースクッキーも選べるようになったのは嬉しいなぁ♪

悪い口コミ評判もありましたが、全体的には良い口コミ評判の方が多かったです。

良い口コミ

良い口コミでは、「ベースクッキーはおいしい!」との声が目立ちました。完全食として食べやすく、常備したくなる味と絶賛する声も!良い口コミ評判のまとめはこちら。

ベースクッキーの良い口コミまとめ

  • 味がおいしい
  • ガリっとした固さが食べ応えあり
  • 甘さ控えめで嬉しい
  • 食べ切りサイズがちょうどいい
  • 夜食やリモートワークの間食にぴったり

袋からサッと開けて気軽に食べられるのは嬉しいです。しかも賞味期限が2カ月もあるので、余裕でストックしておけます。

ベースクッキーの購入方法

ベースクッキーの購入方法はカンタンです。しかも初めてベースフードを利用する方であれば、「20%オフ」「ベースブレッド1袋プレゼント」のおまけ付き(キャンペーンは変更の可能性もあるので、公式サイトでチェックしてください)。

それではさっそく、注文してみましょう。

STEP
公式サイトにアクセスする

公式サイトにアクセスして、右上の「商品一覧」から「ベースクッキー」を選択します。

STEP
注文数を入力する

ベースクッキーの注文数を入力します。

ベースクッキーの1食は「4袋」です。ベースクッキー、ベースブレッド、べースパスタをあわせて8食以上を注文する必要があります。

この時「継続コース」を選択すれば20%オフ、次回以降10%オフになります。

ベースフードの継続コース解約はネット上のクリックだけで簡単。キャンセル料無料で2回目以降の注文をやめることができるので、必ず「継続コース」で購入しましょう。

STEP
(必要なら)ブレッドやパスタの注文を入力する

右上の「商品一覧」から、ベースブレッドやべースパスタを注文します。

STEP
レジに進む

商品内容を確認したら「レジに進む」をクリックします。

STEP
お客様情報を入力して購入する

「お客様情報を入力して購入する」をクリックし、必要情報を記載します。これで注文完了です。

ベースフードの配送料は全国一律500円です(離島など一部対象外あり)。

ベースクッキーは意外とイケる。まずは試してみて

冒頭に「ベースクッキーはまずい」なんて書いちゃいましたが、食べているうちにこのボリボリ食感のクッキーはハマります。

4袋で完全栄養となるわけですが、ハッキリ言ってクッキーを食事代わりにするのは厳しいので、「栄養おやつ」として楽しむのがおすすめ。

実際に私は、ちょっと小腹が空いたとき、仕事の合間で息抜きしたいとき、夜中に何か食べたくなったとき、ベースクッキーをポリポリ食べています。

おやつなのに罪悪感に駆られるどころか、むしろ「栄養とってる!」とポジティブな気持ちになれるのも嬉しいものです。おからクッキーよりもずっとおいしいので、試してみる価値はありますよ。

ベースフードは配送されるのが8食以上。クッキーだけだと32袋で厳しいので、ぜひブレッドやパスタもあわせて注文してみてください。甘いものが食べたい方は、ベースブレッドのシナモンかメープルが気に入るはずですよ。

\継続コースは20%割引/

2回目以降キャンセル料金は無料

もくじ
閉じる